鎌倉、東慶寺

紫陽花が咲く季節に、鎌倉を訪れるのは初めてです。混雑を嫌って、来たことがありません。しかし、今回は何に誘われたのでしょうか?よく分かりません。

北鎌倉駅の改札を出るまでが一苦労なほど、混雑していました。大船寄り(後ろ)に乗ってきてしまったので、改札を通る前に、次の電車が到着してしまいました。聞きしに勝る人出です。

改札を出た所で、ガソリンを入れようとしましたが、どのお店も行列です。自宅から約2時間、飲まず食わずでしたので。

しかし、諦めて東慶寺に向かいます。

IMG_8169    IMG_8175

東慶寺入口                 山門

東慶寺は「縁切り寺」として有名です。北条時宗夫人の覚山志道尼が開創の尼寺でした。しかし、1871年(明治4年)の廃仏毀釈により、1902年に尼寺としての歴史を終えます。現在は臨済宗円覚寺派の男僧寺です。

IMG_8170    IMG_8171

IMG_8172     IMG_8173

沢山の種類の紫陽花が咲いています。土が酸性だと青い花、アルカリ性だと赤い花をつけるといいますが、同じ場所に二色の花が咲いているのは、どのように理解したら良いのでしょうか?

紫陽花は種類が多いことも魅力の一つです。

IMG_8174      IMG_8210

IMG_8176   IMG_8177

それほど参拝者は多くありません。

IMG_8179     IMG_8180

沢山の職人さんが、剪定をしたり、苔の手入れをしたりしています。話を伺いましたが、手入れの回数はそれ程多くないそうです。

IMG_8181     IMG_8182

どうやって、この垂木に千社札を貼ったのでしょうか?

IMG_8183    IMG_8185

本堂入口             本堂

IMG_8186   IMG_8187

本尊の釈迦如来座像は1515年の大火を逃れました。関東大震災で大破しましたが、修理され、安置されています。

IMG_8188     IMG_8189

紫陽花の他に様々な花が咲いています。春も多くの種類の花に彩られるようです。

IMG_8190

IMG_8192     IMG_8191     IMG_8193

鎌倉といえば、切通しです。一面苔が覆っています。

IMG_8194

IMG_8195   IMG_8196

IMG_8197  IMG_8199

紅葉しているのでしょうか?それともこのような種類なのでしょうか?

IMG_8199

東慶寺奥の墓苑です。多くの著名人が眠っています。小林秀雄、高見順、西田幾太郎、和辻哲郎などなど。

IMG_8200 IMG_8201 IMG_8202   IMG_8203 IMG_8204

IMG_8205

茶室 寒雲亭前の庭

IMG_8206  IMG_8207

遠く円覚寺の伽藍が臨めます。見えているのは、大方丈の屋根でしょうか?

IMG_8208

心配していた程の人混みはなく、静かに紫陽花を愛で、心安らかに参拝できました。切通しを吹き抜ける風が心地良く、一層穏やかな気持ちにさせてくれました。このようにゆっくり流れる時間が、やはり必要なのだ、と知らされました。

 
Comments Are Closed