長崎への旅その17、稲佐山、夜景、出島「ブランチOTTO]

夜景を楽しみにタクシーで稲佐山へ向かいます。長崎は函館、神戸とともに日本三大夜景とされています。また、ナポリ、香港と共に世界新三大夜景とされています。しかし、これらは誰がいつ決めたかが明確ではありません。 稲佐山へ登るに […]

長崎への旅その16、江山楼

今日の夕食もホテルに紹介と予約をお願いしましたが、中華料理店は団体以外は予約不可とのことでした。そこで美味しいお店を紹介していただきました。この江山楼です。 原爆資料館の下から市電での移動です。 昨日店の前を通ったときは […]

長崎への旅その15、爆心地、長崎原爆資料館

平和公園から丘を下り、市電が走る通りに至ります。熱く、喉も乾いていますので、飲食店を探しますが、ありません。 1945年8月9日、ここの500m程上空で原子爆弾が爆発しました。その威力は広島のそれの1.5倍。当時の人口2 […]

長崎への旅その14、平和公園

浦上天主堂から20分程坂を下ったり登ったりし、かなりバテて漸く到着します。 平和の泉から平和記念像を臨みます。 平和記念像です。天を指す右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を意味します。長崎出身の彫刻家北村西望が […]

長崎への旅その13、浦上天主堂

如己堂を後にし、浦上天主堂へ向かいます。 天主堂が見えて来ました。   天主堂下にあります神学校です。   浦上天主堂は旧称で、カトリック浦上教会が正式名称です。 浦上の信者たちは明治政府の弾圧に遭い、全村民流配されます […]

長崎への旅その12、如己堂

日本二十六聖人殉教地から30分程坂を登って、ここに来ました。暑くて少々バテ気味です。 如己堂は永井隆が白血病の療養をした建物です。永井隆の名は「長崎の鐘」などの著作で有名です。 彼は爆心地から700mのところにある長崎医 […]

長崎への旅その11、日本二十六聖人殉教地

出島から市電にのり、長崎駅前で降ります。徒歩で二十六聖人殉教地へ向かいます。 露骨な名前の質屋が駅前のビル裏側にあります。悪趣味ですな~。   フィリッポ・デ・ヘスス教会が見えてきました。 西坂公園に日本二十六聖人等身大 […]

長崎への旅その10、軍艦島

今日は軍艦島上陸クルーズです。この旅で最初にこれを予約しました。3月中旬です。その時点で4月の残席は幾つもありませんでした。席が空いていることと、島への上陸確率が一番高いことからやまさ海運を選びました。4/30の午後に予 […]

長崎への旅その9、卓袱料理「浜勝」

長崎最初の夜、今宵は卓袱料理を楽しみます。事前にホテルで美味しいお店を紹介していただき、予約もお願いしました。思案橋の外れ、静かな場所にあります。 店内は地元の方が多いようです。料理は基本的にコース料理です。あまり量が多 […]

長崎への旅その8、出島

出島は江戸幕府の外国人流入防止政策の一環として、1634年築造されました。1636年から1639年までは対ポルトガル貿易、1641年から1859年まではオランダ東インド株式会社を通じて対オランダ貿易が行われていました。 […]