恵比寿「パレルモ」

恵比寿西口駅前のお手頃イタリアンです。若干サイゼリア風。フロアが大きいためか、閑散とした感じでした。 10品目のヘルシーアンチエイジングサラダ 意味不明です。   サツマイモのクリミーポタージュ サツマイモの甘さが出てい […]

三陸津波被災地への旅その16ー松島、瑞巌寺

松島は思っていた以上に復旧していました。道路が渋滞する程です。沢山の観光客で賑わっていました。若い方々も沢山来ていました。 女川から石巻に移動中、運転しながらコンビニのおにぎりを1つ食べただけでした。ようやくまともな食事 […]

三陸津波被災地への旅その15ー石巻市、日本製紙

目を開いているのに・・・ 佐々涼子著「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」の舞台、日本製紙石巻工場です。「書感」のURLです。 http://www.inter-esse.net/archives/project/%e4 […]

三陸津波被災地への旅その14ー女川町

変わり果てた漁港ですが、何艘かの漁船が停泊していました。 幾つかの建物が再建されていました。しかし、それらは漁業施設ばかりです。その他の建物は、全く手がついていません。嵩上げ工事が優先されています。   北海道根室市の漁 […]

三陸津波被災地への旅その13ー南三陸町

ここへくるまでの間、そしてこの先、国道が寸断されている場所が幾つかありました。急ごしらえの迂回路を何か所も通りました。幹線道路である国道45号線でもです。 最後まで防災無線で津波避難を呼び掛けていた、南三陸町の防災対策庁 […]

三陸津波被災地への旅その12ー気仙沼市

流失を免れた建物が結構あります。しかし、使用されているものはありません。ここも復興が遅れています。     昨晩呑んだ「男山」の本店です。このような建物があることを知りませんでした。 港近くの中心部ですが、このような状態 […]

三陸津波被災地への旅その11-気仙沼「あさひ鮨」

アコモインという名のホテルに宿泊しました。ここも復興援助金で建てられたものです。宮古で泊ったルートインより更に簡易な作りと設備でした。貸し出し用PCはありませんし、食事も1種類の定食しかありませんでした。フロントの方に食 […]

三陸津波被災地への旅その10-気仙沼駅

10年以上前に東北新幹線一関で大船渡線に乗り換え、長い旅路の末、気仙沼駅に降り立ったことがありました。そのときの記憶は、鈍行列車で長い時間がかかったことと、沿線の鮮やかな緑しかありません。気仙沼駅の記憶は全くありません。 […]

三陸津波被災地への旅その9-陸前高田市、奇跡の一本松、嵩上げ工事

「奇跡の一本松」で一躍スターダム(?)(不適切?)にのし上がった、陸前高田市へやってきました。市が主催する「語り部ツアー」に参加したかったのですが、到着時間が読めず、時間も十分には取れなかったため、次の機会にすることにし […]

三陸津波被災地への旅その8-大船渡市「すごう」

昼食をとるお店を探しながら国道45号線を南下しました。途中立ち寄りたい人里離れた岬や小さな入り江、そして寒村があったのですが、日暮との戦いもあり、先を急ぎました。 食事場所がなかなか見つかりません。道の駅などがありますが […]