郡上八幡への旅その4ー慈恩禅寺名勝荎草園

慈恩禅寺へ向かいます。

乙姫川。名前も流れも素晴らしい。

山門 江戸時代のものです。他の伽藍は明治期に焼失してしまいました。

1606年、郡上八幡城主遠藤慶隆開基の臨済宗妙心寺派の寺院です。

奥庭荎草園(てっそうえん)です。岩山に池を彩る紅葉が見事です。畳に座って眺めていると、幽玄な世界に引き込まれます。素朴ですが豪壮な庭園です。

こみち奥の家並

やなか水のこみち 生活道路を約8万個の川石で装飾しました。生活用水として使っています。

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)