Dragon Farm、大根収穫

今日は大根の収穫、四番畝の土つくり、スナップエンドウの発芽状況の確認などを行います。

左が聖護院大根、右が耐病総太り(青首大根)です。どちらも収穫サイズのようです。
どちらの大根もアドヴァイザーからは少し前から収穫を示唆されていましたが、もう少し大きく――太く――してからと思い、今日まで待ちました。しかし……。
それぞれ大きい方の大根を収穫しました。
葉の裏を一枚いちまいアブラムシがいないか確認します。

初めてアブラムシを発見。この小さな点々がアブラムシです。あまりにも大量にいたので、葉を取ってしまいました。

新藍は大分虫に食べられてしまいました。十日前は全く食害はなかったのですが。収穫しませんと被害が拡大しそうなので、収穫します(引き抜きます)。

スティックセニョールは今日も収穫できます。のらぼう菜は順調なようです。

二番畝は防虫ネットを外し、ダンポールを片付けました。

宝幸早生も順調なようです。

スナップエンドウは16粒蒔いた種の内、約二週間経っても三つしか発芽していません。

種を蒔き直します。今回はやや浅めにします。早く発芽させませんと、越冬できる大きさ(約15cm)にまで育たなくなってしまいます。

種を少し押し込み、土をかぶせ、水を撒き、鳥にほじくり返されるのを防ぐために不織布をかぶせます。

四番畝の左半分にはほうれん草、右半分には葉物野菜等(厳冬期野菜)の種を今月20日過ぎに蒔きます。その準備のために肥料を入れます。左には牛糞1ℓ、油かす50cc、苦土石灰200cc、右には牛糞1ℓ、油かす50ccを表面に撒き、鍬で鋤き込みます。本当は畝を立て、黒マルチを張る所まで作業した方がいいのですが、あたりが薄暗くなってきましたので、帰宅します。

作業時間:14:35~15:55

作業時間:14:35~15:55

スティックセニョールはサッと茹でサラダに添えます。サラダはこの半年くらいシードオイルとバルサミコ酢をかけて食べています。

聖護院大根は煮て食べます。葉はお浸しします。育ち過ぎのためか、堅く、ワイルドな味わいです。

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)