門前仲町「あおき」

小説に登場させるために門前仲町の鮨屋を訪れます。初めて入るお店です。

奥のカウンター席に通されると、直ぐにメニュー・ブックを渡されます。鮨屋では珍しいです。開くと一品料理もありますが、基本コースのお任せです。

白魚
先付け 奥右から時計回りに玉子、蟹のせ高野豆腐、げその明太子和え、ながらみ  ながらみは取り易いように処理されています。
八海山 本醸造 あれば必ず注文する八海山です。山としての八海山が好きで飲み始めました。まだこれほど有名になるはるか前です。わざわざ酒蔵を訪ねたこともあります。
お店の雰囲気分かりますか。門前仲町の飲み屋街の外れにあり、隠れ家のようにひっそりと佇んでいます。我々以外はご常連ばかりです。
今シーズン初めて生牡蠣を口にします。

カワハギの刺身を濃厚な味わいの肝醤油で頂きます。

〆張鶴 本醸造

シシャモ(オス) 私には少し焼きが甘いです。平貝の磯辺焼き、牡丹海老の頭を焼いたもの 何故牡丹海老の頭だけ出てきたのかは不明です。焼き白子

アオリイカ
鯛 鯛を握りで食べるのは、私にとり非常に珍しいことです。もしかすると初めてのことかも知れません。
なかなか肉厚の赤貝です。産地を伺うのを忘れてしまいました。
〆張鶴
中とろ
才巻海老
穴子
巻物半分 ひもきゅうです。
浦霞 純米酒

特徴はあまりありません。特に変わったものも出てきません。静かに、ゆっくりした時間が流れます。お任せなので、食べるものに関し何も考えなくていいことが、楽なのかも知れません。これで千駄木「松寿司」へ行けそうです。松寿司は完全予約制、しかも金土日しかやっていません。お任せのみです。

東京都江東区富岡1-26-10 浮月ビル 1F

03-3643-2925

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)