Dragon Farm、苗植え

8/30

秋冬野菜の苗植え&種蒔きの講習会です。昨日苗が入荷し、初日に苗植えをしようと必死に準備してきました。これから気温が下がっていきますので、苗植えが一週間遅れますと、成長に大きな影響がでます。もっと遅れると育たない場合があります。それで急いでいました。

講習会は16時から。作業する時間があまりありません。更に雨が降ってきました。作業ができないような降りではありませんが、アドヴァイザーは雨中での作業は百害あって一利なしとのことで、作業は中止します。

畑を見回ると、昨日マルチを張った二番畝と四番畝に雨水が溜まっています。畝の表面が平らではなかったようです。苗を植える際に直します。

翌日、いよいよ苗植えです。キャベツ、茎ブロッコリー、白菜の苗を植えます。

二回目の講習会を行っています。土曜日ということもあり、沢山の方が参加しています。ところがまだ土作りをしていない方が何人もいるようです。間に合いますか~。

麦わら帽子かぶってきましたが、汗止めにはならず、日本手ぬぐいをかぶり、汗止めにします。剣道の面の下にまいていましたので、慣れたものです。

二番畝にはキャベツと茎ブロッコリーの苗を植えます。ならし板の目盛りを用い場所を決めます。そこをマルチカッターで切り抜きます。

切り抜いた場所を苗を植える深さまでシャベルで掘ります。その穴に如雨露で水を入れ、苗のポットにも水を入れます。穴の水が引いたら、もう一度水をたっぷり入れ、それが引いたら、苗を植えます。

右が新藍(キャベツ)、左がスティックセニョール(茎ブロッコリー)です。どちらも昨年育てた品種です。

四番畝にタイニーシュシュ(白菜)を四株植えます。植え方の要領は新藍などと同じです。こちらも昨年育てた品種です。昨年はヨトウムシの被害にあいました。

アブラナ科の植物は蝶や峨が卵を産みにきますので、防虫ネットをかけます。今日は少し横着をし、ネットの裾を土に埋めませんでした。その作業は次回します。

一番畝の右側を天地返しし、耕し、施肥します。ここには大根の種を蒔きます。本来は奥に見える雑草を取り除いてから耕すのですが、体力的にきついため、これも次回です。

夏野菜の収穫も徐々に終わりが近付いています。

作業時間:16:15~17:35

たったこれだけの作業ですが、結構時間がかかります。

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)