Dragon Farm、キタアカリ収穫

6/5

土日にありました講習会には、イチエフに行っていましたので参加できませんでした。1番畝から4番畝までのこれから二か月間の作業説明です。少し作業が遅れ気味です。

今回分かったことは、じゃがいもの収穫についてです。水分に極端に弱いため、土が完全に乾燥した状態のときにしか収穫できない、ということです。水分がつくと腐ってしまうそうです。それは保管のときもそうだそうです。

6/6

ということですので、急遽収穫することにします。明日以降晴れの日が続くことがないようです。梅雨ですからあたりまです。

この後分かりますが、本当にこれが最後のタイミングだったようです。多くの畑で立ち枯れたキタアカリを目にすることになりました。

孫たちに急遽声をかけ、17時過ぎに芋掘り開始です。

まだ葉があまり枯れていませんので、収穫には早すぎるのですが仕方ありません。

孫たちは次々出てくるじゃがいもに歓喜の声です。手が汚れるのも厭わず、熱心に掘ります。今日は久しぶりにママも参加です。

芋掘りの後は水菜を収穫します。孫たち大活躍です。

キタアカリは収穫時期が早かったせいで、まだ小さな芋が沢山ありました。殆どを孫たちに持たせてました。当日はじゃがバターにして食べたそうです。

5個持ち帰ったうち3個を娘に渡しました。自分もじゃがバターにして食べます。自分で育てているバラと、同じく自分が育てたじゃがいも。美味しくない訳がありません。ビールが美味しいこと、美味しいこと!

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)