Dragon Farm、苺養生

今日は苺の養生と一番畝と四番畝の土作りを行います。

大きな実が鳥に食べられてしまいました。対策が遅れてしまいました。残念。

このように小さな実とそれと同じくらいの数の花が咲いています。今年は豊作になりそうです。

養生の第一弾として、不織布を敷きます。マルチに直接苺が触れますと、実の温度が上がりすぎることを防ぐためです。昨年までは行わなかった対策です。

不織布を仮留めし、花や葉が外に出るよう鋏で切れ込みを入れます。葉や茎を傷めないよう注意して外に出します。結構神経を使います。

それを一つずつ六株全て行います。細かい作業が苦手な自分には非常に難しい作業です。

一番畝の右側を耕した後、苺を鳥から守るために防虫ネットを張ります。それに使用するダンポール、トンネルパッカー、防虫ネットが畝の左側に並んでいます。

4/28に植えましたキュウリ、ミニトマト、ナス、ピーマンです。皆根付いたようです。

シャキット(キュウリ)
CFぷちぷよ(ミニトマト)
千両二号(ナス)
京波(ピーマン)

スナップえんどうは今日も沢山収穫できそうです。

キタアカリもすくすく育っています。大分背が高くなってきました。

苺の右隣には枝豆を二種類育てます。

豆類は自分で肥料を作りますので、有機肥料は入れません。但し、腐葉土は入れます。

土を盛り上げて、次回畝を立てる準備完了です。

四番畝、キタアカリの隣には葉物野菜を育てます。その土つくりをします。

縦横20cm四方、深さ20cmの穴を掘ります。そこに牛糞1ℓ、油かす50ccを入れます。

穴を埋め戻し、表面に腐葉土を撒き、鋤き込みます。

こちらも土を盛り上げ、次回の畝立て準備完了です。

作業時間:15:50~17:20 今日もこれだけの量のスナップえんどうが採れました。

サッと茹でて、シードオイルorマヨネーズで食べます。ほんのり甘味があります。

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)