Dragon Farm、スナップえんどう初収穫

今日の主な作業は二番畝の施肥と畝立てです。GW前半のきゅうりとミニトマトの苗植えにそなえます。

宝交早生です。実が少し赤くなりなり始めています。花も小さな実も沢山ついています。熟すのが楽しみです。

のらぼう菜です。前回花を切り取りませんでしたので、花ばかりに見えます。しかし、よ~く見ると右の写真のように食べられそうな芽があります。それらを切り取ります。

スナップえんどうです。沢山の鞘をつけています。収穫サイズのものもあります。中の豆も大きくなっています。

花もまだ沢山咲いています。これらも鞘をつけることでしょう。

キタアカリも順調に成長しています。間引きも近付いています。
スティックセニョールは収穫しません。

二番畝の土作り、施肥、畝立てを行います。

まず鍬で畝全体を耕します。

そこに牛糞1ℓ、鶏糞80cc、油かす50ccをバケツに取り、よく混ぜてから畝の左半分(キュウリとつるむらさきを植える場所)に撒きます。

こんな感じです。

これを鍬を使い鋤き込みます。

次にミニトマトを植える場所にバケツを利用し、施肥する場所を作ります。

直径30cm、深さ20cmの穴を掘ります。

そこに牛糞1ℓ、鶏糞80cc、油かす50ccをバケツに取り、よく混ぜてから入れます。そして土と馴染ませます。

畝立てに移ります。まずならし板の目盛りを使い、畝の場所を決めます。次に表面に少し水を撒き、畝が垂直に立つよう固め易くします。

コの字型のならし板と二枚の100cmのならし板を並べ、畝を作ります。外周は拳でたたき、崩れないように固めます。

このように垂直に立てることがみそです。これができていない畝が沢山あります。次はマルチ張です。長辺160cmの畝に約200cmに切ったマルチを張ります。一人で行いますので、畝を行ったり来たり、ならし板で固定しながら、張る位置を決めます。

マルチを張る位置が決まりましたら、マルチ止めで仮止めします。

最初はこのような感じで浮かせて仮止めします。四隅を仮止めし、マルチをたるみなく張り、マルチ止めを本止めします。

更に長辺の真ん中をUピンで止め、マルチのたるみをなくします。マルチをピンと張りませんと雨水が溜まったりし、野菜の成長に悪影響を与えます。最後に風ではがれないようマルチの裾を土に埋めます。

最後に苺に水をやり作業終了です。

今日の収穫はのらぼう菜とスナップえんどうです。スナップえんどうは初収穫です。

作業時間:14:05~15:35

畝を立てましたので長い時間の作業になりました。

畑で遅い昼食です。結構気分いいですよ。ちょっとしたピクニック気分です。

スナップえんどうは軽く茹でてシードオイルで頂きます。フレッシュでほのかに甘さを感じます。とても美味しいです。

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)