Dragon Farm、スナップえんどう種蒔き

昨年発芽に失敗しましたスナップえんどうの種蒔きをします。

 

まずは畝に生えている小さな雑草を取り除きます。その後マルチを張ります。少々曲がっています。

ならし板(目盛付き)を用い、種を蒔く場所を決め、マルチカッターで穴を開けます。

四か所に四つずつの点蒔きです。これは種を置いただけです。これでは浅過ぎます。

このように人差し指の第一関節くらいまで、2cm程押し込みます。発芽の力が強いため、浅いと全体が飛び出てしまうためです。昨年上手く発芽しなかったのは、1cm位の深さだったためのようです。果して今年はどうなるでしょう。

種を押し込んだ後、土を被せ鎮圧し、水を撒きます。

のらぼう菜です。防虫ネットにつっかえるようになりましたので、ネットを外します。寒さには強いそうなので、このまま越冬せせます。収穫は三月頃です。

宝交早生です。これまで気付きませんでしたが、苺より背が高い雑草が生えています。葉が尖った草がそれです。

勿論取り除きます。それにしましても、どうして今まで気付かなかったのでしょうか?

畝に生えている小さな雑草を取り除きます。

中葉とわさび菜です。わさび菜を収穫します。そろそろこの場所の野菜を全て収穫しなければならない時期が近付いています。ここには厳冬期用の野菜の種蒔きをする予定です。わさび菜は育ち過ぎていますが、中葉はまだまだ脇芽が育ちますので、収穫を続けることができますけど、種蒔きの時期もありますので、抜き取る頃合いを見計らっています。

耐病総太りです。もうこれ以上大きくは――太くはならないのかも知れません。収穫してもいいのですが、前回(11/14)収穫したものがまだ食べ切れずに残っていますので、今日は収穫を見合わせます。

手前三列が京千緑、残りがちゃんこ葱です。

収穫後です。

タイニーシュシュです。左奥のものを収穫します。最初に収穫したものが甘くとても美味しかったので、今回も楽しみです。

残りの二つも充分食べられる状態にまで復活しています。

新藍とスティックセニョールです。新藍は収穫のタイミングをみています。遅すぎると玉が割れてしまうそうです。

 

スティックセニョールの収穫前と後です。頂花蕾を切り取ることができませんでしたので、これ以外の脇芽の成長が悪いような気がします。

防虫ネットを元に戻し作業終了です。奥の一番畝の防虫ネットがなくなっています(のらぼう菜)。

本日の収穫は、左から京千緑、スティックセニョール、わさび菜、タイニーシュシュです。タイニーシュシュは虫にやられた部分を取り除きますと、こんなに細くなってしまいます。

作業時間:11:35~13:30

サラダにのせたスティックセニョールは今日収穫したもの、鰤大根の大根は先週のものです。

11/23

わさび菜と油揚げの和え物。タイニーシュシュは豚肉をしゃぶしゃぶ風にしました。

耐病総太りは鶏肉と煮ました。上にのっているのは京千緑です。

11/24

わさび菜を山葵ドレッシングで頂きます。今宵はタイニーシュシュは厚揚げと煮ました。

11/25

 

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)